交通事故と保険支払い

自動車の運転には、常に交通事故のリスクがつきまとうことを忘れてはなりません。
加害者になるにしても、被害者になるにしても、交通事故の関係者になるにはショックです。
少しでもダメージを軽くするために、車を運転する人は自動車保険に加入します。


全ての人が加入を義務づけられているのが、自賠責保険。
それでは最低限の補償しかしてもらえないため、保険会社で販売している自動車保険に加入するのが任意保険です。
ここでは、交通事故が起こって保険会社に連絡してから保険金が支払われるまでの流れについてお話しましょう。


交通事故後には、警察や119番への通報や手続きを済ませてから保険会社に連絡を入れます。
保険会社では、担当者が事故対応のアドバイスや保険の手続きを開始してくれます。
示談交渉の契約をしている場合は、保険会社が当事者に代わって話し合いをします。
この間、保険会社では加入者からの報告を受けて、事故状況や損害状況、事故原因などを確認。
保険金請求書類の作成や提出も同時に行われ、事態は忙しく進行していきます。


保険会社との打ち合わせの上、示談交渉も成立した後、保険会社から保険金が支払われます。
どのくらいの期間がかかるかは、交通事故の内容によっても違います。
保険金の請求には、いくつもの書類が必要。
交通事故の発生状況を報告する書類、印鑑証明、対人事故なら診断書や治療費の領収書、対物事故なら被害物の写真や修理のための見積書など、一箇所で簡単に揃えられる書類の数々ではありません。
落ち着いて対処することで、一つ一つクリアしていくことが肝心です。


☆特集
交通事故を起こしてしまった場合に相談に乗ってくれるサイトです ⇒ 交通事故 相談

Copyright © 2014 交通事故と保険 All Rights Reserved.